シロコブゾウムシ

大きさ2.5ミリくらい。家の近くにいました。

写真を撮ろうとカメラを近づけただけで 死んだフリ。

ころころーっと葉っぱから落ちてしまいました

1_2

とっても気が小さいのです。

捕まえてきてカメラをスタンバイ。待つこと数分。。

やっとコソコソ動き出しました。

1_4

戦車みたいな、鎧兜みたいな いかついボディーに

つぶらな瞳がなんとも たまらんっす。

足とか触覚の感じとかも たまらんっす。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

クモがクモを・・・

こんなのはじめて見ましたねー

小さいクモの巣に大きいクモがかかって身動き取れなくなって

とうとう小さいクモに食べられてしまいました。

大きいクモは8センチくらいのイエグモで、巣を張らないタイプのクモです。

なので、クモの糸に不慣れなんですね。

足を滑らせたのか?

おっちょこちょいですね。

小さいクモも最初は えらいのかかっちゃった! って感じで戸惑った様子でしたが

しっかり頂きました。

P10306601

P10306681

P10306701

| | コメント (0) | トラックバック (0)

幼虫わらわら

幼虫がわらわらと出てくる季節ですね。

蝶や蝉とかは幼虫と成虫の姿がまったく違うのですが

カマキリ、バッタなどは成虫をそのままミニチュアにしたような姿がかわいくて好きです。

脱皮をくり返しながらだんだん大きくなります。

この虫もそうです。

P1030571_2

ナナフシの幼虫。指の関節一個分くらいの長さ。

ふわりふわりと歩きます。

フリースの皺も山のよう。

P10305751

サッシにくっついていたカマキリの卵から幼虫がわらわらいっぱい出てきました。

だんだんバラけてきたところ。6ミリくらい。

P10306591

歩き出してすぐに小さな蜘蛛に食べられる者も。

P10306531

こんなに小さくても、生まれたらすぐに一人でいきていくのです。

餌は生きた虫だけ。吹けば飛ぶようだけど自分で狩りをします。

百匹も生まれて、大人になれるのは数パーセント。

がんばれー!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

マスダクロホシタマムシ

っていうんだそうです。

5月24日 大根の葉にいました。体長2センチちょっと。

玉虫の仲間です。う~ん、玉虫色だ~

うっとり・・・

P10306041_3 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

始まるよ!

佐賀のお山、矢答(やごたえ)に引っ越してから陶芸の方は活動休止中でしたが

良い場所にご縁があり、工房を構えることとなりました。

只今準備中です。近日中に再開します!

なお、窯は運べないので、生の作品を佐々に運んで焼きます。

将来的にこちらにも窯を建てたいです。

今住んでいる、小さな古い家の改修にかかりっきりでしたが、そちらもひと段落つきました。

これで日常生活していくうえでストレスなく日々のことができそうです。

小さいけど機能的になって気にいってます。

NOB FARM もそろそろ始動です。

ノブ君がんばってます。

無農薬無化学肥料のおいしい野菜です。

よろしくね!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

つらら

P10304461_2















こないだの大雪。山の上では10から15cmくらい積もりました。

つららを久しぶりに見ました。



P1030472_2




















ながい!



で、けっていてきしゅんかん!


P10305071















P10305141

| | コメント (0) | トラックバック (0)

新生活

久しぶりに書きます。

昨年の10月半ばに引越しをしました。

住宅街から、今は佐賀県の山の中に住んでいます。

引っ越してからずっと、なにかとバタバタと忙しいのですが

やっと最近、リズムができてきたかな~という感じです。

昔からばくぜんと にんげんである自分も しぜんの一部として

循環するような暮らしがしたいなぁ・・ と思っていたので

こんな山の中にきたことで、それ できるかも!? (自分しだいで) と

わくわくしております。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

職員さん応援プロジェクト☆

何のことかともうしますと・・

石木ダム反対署名の「署名流出」問題
http://www.nishinippon.co.jp/nnp/item/124284
http://mainichi.jp/area/nagasaki/news/20091002ddlk42040456000c.html
http://www.nagasaki-np.co.jp/kiji/20090929/11.shtml

署名を提出された長崎県はこの署名4500人分をコピーして
ダム事業主体の佐世保市と、建設地の川棚町に渡していました。
川棚町は受け取った署名の中から町の職員の名前を見つけ出し、町長がその職員に直接「注意」しました。
http://www1.bbiq.jp/ishikigawa/kiji.html#20091001

この話を聞くと、誰もが「おかしい!」と言います。当然です。
おかしいのはこの町長さんと、コピーして渡した人、それを受け取って、そういうことのためにコピーを使った人達です。

なのに署名をした方たちが精神的苦痛を受けています。
この方たちがそんな思いをする必要はまったくないのです。

**************

佐世保の「石木川まもり隊」のブログ「佐世保便り」より~


聞くところによると、とてもショックを受けている人もいるという。
申し入れ終了後の打ち合わせの席で、参加者の一人が漏らしていた。

「実はその内の一人に電話してみたんだが『何も言いたくない。ふれないでほしい』と言っていた」


http://blog.goo.ne.jp/michie39/


***************

さっき川棚町役場に電話してみました。
先日申し入れに行った方たちと川棚町長とのやりとりと全く同じような会話になってしまいました。
「署名をするのは個人の自由ですよね?」
「はい。自由です。ですが、石木ダムを推進する町の職員としての配慮を持って行動してほしいということでして・・。」
「それは矛盾してますよね。自由ならば注意するべきじゃないと思いますけど。」
「それは町長の気持ちとして言ったことだと思います。」
「名前を探し出して報告したのは組織的な行為だと思いますが。」
「それは石木ダムを推進する町としての業務の一環で・・・」云々・・・
「では、あなた個人の意見として、その行為はどう思われますか?」
「(名前があったことを)報告するのは職員としての業務で、義務だと思います。」
(・・・ぎむ?!)


最後に私は言いました。
「職員だろうと、うちに帰れば一人の人間なんですよ。職員の前に心を持った人間ですよ。」


*********

ということで!
『職員さん応援プロジェクトぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)



①「川棚 清流の会」にお便りを出そう!
このニュースを聞いて感じたことを書いてもいいし
この職員さんに宛てたメッセージを託してもいいと思います。
(私が集めて「石木川まもり隊」経由で清流の会に届けることもできますが、直接の方が早いと思います。)

「川棚清流の会」
〒859-3616 長崎県川棚町白石郷1276-2 森田 正昭
       TEL 0956-82‐3905


②川棚町に電話をかけよう!
役所などの閉ざされた中では、川棚町長や電話に出た方のように、この行為のどこが問題なのかわかってらっしゃらない方が多いようです。
これは大変なことだという認識を持ってもらうためにも電話しませんか?
私は「署名のコピーの件でお聞きしたいことがあるんですがー」ときりだしました。
「私も名前書いたんですけど、複数の人が見たと思うと怖いと思いました。」とも言いました。
気になることなんでも電話してみよう~!

川棚町役場 0956-82-3131

川棚町役場ダム対策室 TEL 0956-82-6292  
               メール damu@town.kawatana.nagasaki.jp

長崎県石木ダム建設事務所(石木ダムHP) TEL 0956-82-5109
こちらからメールできます↓

    
http://www.doboku.pref.nagasaki.jp/~ishiki/




③新聞の投書欄に投稿する
たくさんの人にも知ってもらえるし、それを読んだ職員の方は励まされると思います。

長崎新聞への投稿はこちら
http://www.nagasaki-np.co.jp/company/toukou.shtml

いわれのない精神的苦痛を受けられている方のためにも
感覚が麻痺してしまっているお役人の方のためにも
同じことが繰り返されないためにも
何かできることを、してみませんか~

| | コメント (2) | トラックバック (0)

もっと知りたい石木ダム・上映会のお知らせ

政権が民主党に変わって、中央では「ダムは見直そう」という動きですが
長崎県と佐世保市は、依然として石木ダムをつくると言っています。。

石木ダム計画が持ち上がったのは1962年、もう半世紀近く前のことです。
この間に自然破壊はどんどんすすんできました。

本当に石木ダムは必要なのでしょうか?
27年前の強制測量の記録映像が残っています。
そこには、当時の住民の方々の祈り、悲しみ、怒りが映っています。

石木の問題をもっと身近に感じてもらえたら、と思い
この映像を観て、住民の方に話しを聞く会を開きます。
ぜひご参加ください。

もっと知りたい石木ダム・上映会

日時  10月14日(水) 19:00~
場所  佐世保市民活動交流プラザ(旧戸尾小学校)

50分程の上映のあと、住民の方を囲み、語りましょう。

「アヒンサー」「石木川まもり隊」「市民ネットワークさせぼ」「ピースギャザリング」共催


石木川まもり隊HP

http://www1.bbiq.jp/ishikigawa/index.html






| | コメント (0) | トラックバック (0)

散歩

先月、ナツが来てから毎朝早起きして散歩に行くようになりました。

空き地の朝顔に朝露が輝いてます。

P10300971














田んぼの稲もこうべを垂れてきました。

ふとみると稲の上にたくさん、白くてふわっとしたものがかかってます。

なんだとおもいますか?

P10301151













P10301251











P10301311












それは小さいクモの巣でした。

朝日に照らされて光っているので気がついたけど

昼間だったらきっと気がつかなかったな。

小さなクモさんたち、お米を守ってるみたいです。


他にもお米を守ってる人たちが・・

P10301401




















P10301501



















P10301511















朝の散歩、たのしいね!ナツ

P10301541















あ、朝の月だよ!

P10301521

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«お寺で展示会