くらし

新生活

久しぶりに書きます。

昨年の10月半ばに引越しをしました。

住宅街から、今は佐賀県の山の中に住んでいます。

引っ越してからずっと、なにかとバタバタと忙しいのですが

やっと最近、リズムができてきたかな~という感じです。

昔からばくぜんと にんげんである自分も しぜんの一部として

循環するような暮らしがしたいなぁ・・ と思っていたので

こんな山の中にきたことで、それ できるかも!? (自分しだいで) と

わくわくしております。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

職員さん応援プロジェクト☆

何のことかともうしますと・・

石木ダム反対署名の「署名流出」問題
http://www.nishinippon.co.jp/nnp/item/124284
http://mainichi.jp/area/nagasaki/news/20091002ddlk42040456000c.html
http://www.nagasaki-np.co.jp/kiji/20090929/11.shtml

署名を提出された長崎県はこの署名4500人分をコピーして
ダム事業主体の佐世保市と、建設地の川棚町に渡していました。
川棚町は受け取った署名の中から町の職員の名前を見つけ出し、町長がその職員に直接「注意」しました。
http://www1.bbiq.jp/ishikigawa/kiji.html#20091001

この話を聞くと、誰もが「おかしい!」と言います。当然です。
おかしいのはこの町長さんと、コピーして渡した人、それを受け取って、そういうことのためにコピーを使った人達です。

なのに署名をした方たちが精神的苦痛を受けています。
この方たちがそんな思いをする必要はまったくないのです。

**************

佐世保の「石木川まもり隊」のブログ「佐世保便り」より~


聞くところによると、とてもショックを受けている人もいるという。
申し入れ終了後の打ち合わせの席で、参加者の一人が漏らしていた。

「実はその内の一人に電話してみたんだが『何も言いたくない。ふれないでほしい』と言っていた」


http://blog.goo.ne.jp/michie39/


***************

さっき川棚町役場に電話してみました。
先日申し入れに行った方たちと川棚町長とのやりとりと全く同じような会話になってしまいました。
「署名をするのは個人の自由ですよね?」
「はい。自由です。ですが、石木ダムを推進する町の職員としての配慮を持って行動してほしいということでして・・。」
「それは矛盾してますよね。自由ならば注意するべきじゃないと思いますけど。」
「それは町長の気持ちとして言ったことだと思います。」
「名前を探し出して報告したのは組織的な行為だと思いますが。」
「それは石木ダムを推進する町としての業務の一環で・・・」云々・・・
「では、あなた個人の意見として、その行為はどう思われますか?」
「(名前があったことを)報告するのは職員としての業務で、義務だと思います。」
(・・・ぎむ?!)


最後に私は言いました。
「職員だろうと、うちに帰れば一人の人間なんですよ。職員の前に心を持った人間ですよ。」


*********

ということで!
『職員さん応援プロジェクトぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)



①「川棚 清流の会」にお便りを出そう!
このニュースを聞いて感じたことを書いてもいいし
この職員さんに宛てたメッセージを託してもいいと思います。
(私が集めて「石木川まもり隊」経由で清流の会に届けることもできますが、直接の方が早いと思います。)

「川棚清流の会」
〒859-3616 長崎県川棚町白石郷1276-2 森田 正昭
       TEL 0956-82‐3905


②川棚町に電話をかけよう!
役所などの閉ざされた中では、川棚町長や電話に出た方のように、この行為のどこが問題なのかわかってらっしゃらない方が多いようです。
これは大変なことだという認識を持ってもらうためにも電話しませんか?
私は「署名のコピーの件でお聞きしたいことがあるんですがー」ときりだしました。
「私も名前書いたんですけど、複数の人が見たと思うと怖いと思いました。」とも言いました。
気になることなんでも電話してみよう~!

川棚町役場 0956-82-3131

川棚町役場ダム対策室 TEL 0956-82-6292  
               メール damu@town.kawatana.nagasaki.jp

長崎県石木ダム建設事務所(石木ダムHP) TEL 0956-82-5109
こちらからメールできます↓

    
http://www.doboku.pref.nagasaki.jp/~ishiki/




③新聞の投書欄に投稿する
たくさんの人にも知ってもらえるし、それを読んだ職員の方は励まされると思います。

長崎新聞への投稿はこちら
http://www.nagasaki-np.co.jp/company/toukou.shtml

いわれのない精神的苦痛を受けられている方のためにも
感覚が麻痺してしまっているお役人の方のためにも
同じことが繰り返されないためにも
何かできることを、してみませんか~happy01

| | コメント (2) | トラックバック (0)

梅ってすごい

うちには一本の梅の木があります。

この一本、がんばってくれて、

今年は梅干しに11キロ

梅酒に2キロ

梅シロップに2キロ

梅ジャムに少し

それから、今年はじめて挑戦した梅エキス

P1030006 これがすごい重宝してます。

疲れたときやおなかの調子が悪い時など、

舐めたいときにスプーンの先にちょこっとつけて舐めてます。

もんのすごーく酸っぱいですが、癖になる味です。

今回は傷が付いていたり形が悪いものをボールに2杯分(4キロくらいかな?)使いました。

作り方は簡単。

①梅を潰して割って、種を取り除く。

②種を抜いた実をミキサーにかける。ミキサーが回るくらいの水を加えます。

 (水を加えずフードプロセッサーでやってもいいのですが、持っていないので)

③ザルで漉します。

④それをさらに、さらし布で漉します。(はじめからさらしで漉すと時間がかかるので)

⑤漉した液を土鍋に入れて煮詰めます。

 すると最後は、ドローっとしたコールタール状になります。これで出来上がり!

注意点は

*梅の汁は酸が強いので金属製の鍋は避けること。 土鍋か、ホーロー製の鍋を使います。

*焦げ付かないように火加減に注意すること。

*火を止めるタイミング。

 火を止めてから、冷える時にさらにドロっとしてくるので、

 「もう少しでコールタール状になりそうだな」っていう時に、トロトロくらいで止めます。




それともうひとつ、うれしいのが、梅干を漬けた時に出る白梅酢

P1030005

梅と塩を漬け込んでしばらくすると出でくる梅の液です。

赤ジソを加える前に、この白梅酢を取っておくのですが

ドレッシングにしても良し。浅漬けにしても良し。

毎朝、適当に切った野菜にふりかけてコショウやオリーブオイルをかけて食べてます。

野菜がたくさん食べられて、さっぱりしていておいしいですよ~!

夏の間に使い切ってしまいそうです。

一家に一本、梅の木!です。


| | コメント (4) | トラックバック (0)

はじまりはじまり~

タイトル通り、虫・LOVEな陶芸家 egri です。

陶器をつくったり、虫を観察したり、梅干を漬けたり、マッサージをしたり

いったいなにやってる暮らしてるの?って聞かれることもありますが

どれも大事なので特に決めなくてもいいか~って思ってます。

でも説明するのがタイヘンなので対外的には「陶芸家」ってことで。

日々の暮らしの中で感じたこと、虫を通じて感じたこと、

などなど書いていこうと思います☆

| | コメント (0) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

くらし | しぜん | 原発・プルサーマル | 虫のこと | 陶芸